Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/c8511842/public_html/endo-ryokyu.com/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/c8511842/public_html/endo-ryokyu.com/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18
旅の終わりに « Blog
2013/01/29 Categories:

また1つドジを踏んだ

ロッブリーからバンコクに戻っても、あまりのんびりする余裕はなさそうだった。

僕は、一向に追いつかないブログ作業に取り組まなくてはならなかった。活動とブログの両立は、そうそうできるものではなかったのだ。

 ところで、ドジをまた1つ踏んだ。僕は22日が帰国日だと思っていた。ところが、だ。何気なくチェックしたら、それは21日の間違いだった。チェックしなければ、22日に空港に行くところだった。

困ったことに、21日はウドンラチャタニで出会った3人と再会を約束していた日だったのだ。

旅の途中で会った3人とバンコクで再会できないのは残念だった。4人で行くチャオプラヤ河のディナークルーズがふいになるのも惜しかった。

仕方ない、とランサンに電話した。電話で彼も、しきりに残念がっていたが、僕が黙って帰らずに、ちゃんと彼に電話で伝えたことを喜んでもいた。

フランス人の日本のマンガ好きの2人にはメール送った。ところが、“それはあまりに残念だ〜、明日の20日に会えないの?”という返事が来た。

結局、翌日僕のホテルのロビーで、6時に彼らと待ち合わせることになった。(この日ランサンは、まだ地方から帰っていない)

お誘いの電話

僕はホテルで、せっせとブログ原稿を書いていた。すると、夕方5時半に電話がかかって来た。なんだ、早く着いたのかな? そう思って受話器を取る。

すると、ボリスが言うには、彼らは今、タイ人の家に泊めてもらっているのだけど、今日は仏教儀式の日で、大勢親戚が集まっている。それでこの家の人が言うには、これからみんなで夕食するから、僕にもこっちへ来ないか、と言っている。だから良かったらこちらに来ない? と、言わばお誘いの電話であった。

これも何かの縁。面白そうなことは見逃さない。これは、僕の人生の指針でもある。僕は、了解、と答え、ほどなくタクシーに乗った。

着いたら、やたら大きな家だった。部屋はたくさんあり過ぎてよくわかないほど。外国人も6人宿泊中で、ドイツ人、アメリカ人などもいた。

<宿泊滞在中の外国人たち>

<アメリカから来たという2人。お互い、近所で育ったそうだ。この他にもドイツ人の女の子がいた>

午前11時から食事が出て、ずっと食べ続け、これからまた夕食だという。

誘ってくれたのは、アイスという大学生の女の子だった。今年は日本に行って、富士山に登りたいそうだ。何だか、タイで知り合いがどんどん増えて来た。僕は、楽しいことはいつでも大歓迎である。

あっちこっちの部屋で、何やらかにやら、やっている。僕らも、あっちこっちの部屋で、いろいろと食べさせてもらった。気のいい両親や、親戚一族の人たちだった。

<アイス。日本に来たいそうだ。イギリスにも語学留学したという>

<ボリスによれば、アイスは優秀な大学生らしい。(タイの東大みたいな所で、さらに優等生)もしかしたら、Tシャツの表情を真似しているのかな? と思ったけど、そんなことないよね>

<みんなで料理できる、大きな台所>

<次々と料理が運ばれてくる>

 

旅が終わる、、、 
夜11時頃、ホテルに帰ってきた。明日日本に帰るんだな〜。
荷物をまとめた僕は、屋台のバーにビールを飲みに出た。バーと言っても、もちろん屋台の値段。1本300円もしない。そしてバンコクは不夜城だ。

バングラデッシュから始まって、いくつものミッションをこなして来た。1ヶ月に及ぶ旅だった。

やっと旅が終わった、というよりも、ああもう終わりか、という感じだった。実は、いつまでも続けたかった。いつまでも漂泊していたかった。

もし叶うことなら、「利他の悲しみ」(下記の注を参照)など、味あわずに済む人生を歩みたい、とそんな気にもかられた。

僕には屋台で風に吹かれて食べる食事と、一杯のビール、そして楽しい人たちとの出会いがあれば、それで良かった。

、、、本当は、いつまでも旅人でいたかった。 、、、。

       ーーー(旅ブログ篇、終わり)ーーー

 注:「利他の悲しみ」は先月書いたブログです。あれから加筆修正しているので、今一度ご参照頂けたら僕はとても嬉しいです。