Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginSubMenu() should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginSubMenu($title, $function, $file, $capability = 10, $where = 'plugins.ph...') in /home/c8511842/public_html/endo-ryokyu.com/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18

Warning: Declaration of subscribe2_widget::addPluginContent($links, $file) should be compatible with mijnpress_plugin_framework::addPluginContent($filename, $links, $file, $config_url = NULL) in /home/c8511842/public_html/endo-ryokyu.com/past_blog/wp-content/plugins/subscribe2-widget/subscribe2-widget.php on line 18
人生は喜劇である。少なくとも僕にとっては   /旅の第三ラウンド(3) « Blog
2013/01/25 Categories:

 このときばかりは自分を誉めてやりたい、と思った。住所がわからないところを、飛行機とバスを乗り継いで探しに行ったことではない。(では、このことは後で)

 <ウドンラチャタニの朝市>

<ウドンの観光局/気の良い兄さんたちだったが、情報が間違っていたりして、あまり役には立たなかった>

 <お寺の広い境内で、練気体操をやった>

<ほう! 楽器屋があった>


 <バスターミナル>

 <バスの出発まで、そぼを食べて休んだ>

<坊さんたちもお昼>

 <このバスに乗った>

<出発!>

朝、ウドンラチャタニを散策し、ヤソトンに行く方法を調べた。その後、ホテルから長距離バスのターミナルに行き、ヤソトーン行きのバスに乗った。

乗ってしばらくしてから、車掌さんに時計を示して聞くと、どうやら1時間半で着くらしい。思ったほど遠くない。良かった。

先ほど、自分を誉めてやりたい、と言ったのは、ヤソトンのバスターミナルに着いてからのことである。

適当にホテルはみつくろっておいた。 だが、ホテルまで行く交通手段がないのだ。

あるのは、現地で“モタサイ”と呼ばれるバイクタクシーのみ。90ccぐらいのバイクの後に乗るのである。

 しかし僕は、ギターにパソコンの入ったリュック、さらに16Kgはあるカートのついた荷物を持っている。

 モタサイのドライバーと、運賃の交渉はついた。しかしこれをどうやって運ぶというのだろう。

結局、リュックを背負った僕が左手に16kgの荷物を抱え、運ちゃんが左手にギターを持つことになった。ヘルメットもなし。

まったく信じられない光景である。しかし、これが現実だった。ドライバーはギター片手にバイクを走らせ、後でリュックを背負った僕が、必死に荷物を落とさないようにと、険しい顔をしてしがみついているのである。

これをマンガと言わず、何と言おう。ああ、人生は喜劇である。少なくとも僕にとっては。

続く